NEWS

“映画へのラブレター” “音の洪水” “息を呑み、心が高鳴る” ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーら豪華キャストの過去最高の演技とアカデミー賞監督賞 史上最年少受賞監督デイミアン・チャゼルの、あふれ出る映画への想いに興奮必至の新予告が、世界一斉解禁!!
そして、日本の公開日が2023年2月10日(金)に決定いたしました!

淡い夢を見る『ラ・ラ・ランド』から遡ること約100年前、同じハリウッドでも、美しい夢を見るにも覚悟が必要―

「ハリウッドで成功するには上品さが大切…」と語るブラピを尻目に、両手で花火を散らしながら「朝までパーティーよ!」とはじけるマーゴット、冒頭から2人の対照的なテンションが一気に心をわしづかみにする新予告。1920年代、目覚ましい発展を遂げる映画業界の最高峰=ハリウッドでの成功をつかみとろうと、夢を追うツワモノたちがギラギラしたどん欲さを隠すことなく体当たりで挑んでいく姿が映しだされる。意気投合した新鋭女優ネリー(マーゴット・ロビー)とハリウッドに夢を抱きやってきたマニー(ディエゴ・カルバ)が手を組み、まばゆいばかりの映画の世界へと飛び込むと、サイレント映画での大活躍で業界を牽引してきた大物ジャック(ブラッド・ピット)との出会いによって、運命がさらに大きく動き出す―!
1920年代のアメリカ・ハリウッドで、なりふりかまわずトップを目指す潔さとクラシックな衣装を見事に着こなす美しさを兼ね備え、特別な才能と輝きを放ちはじめるネリーは、ジャックやマニーをはじめ多種多彩なパフォーマーも威厳たっぷりの有力者も魅了していく。後半にたたみかけるショットの数々に目を凝らすとまだまだ謎に包まれたままのシーンも多いが、歴史を変える新スターへと駆け上がる姿が描かれる。ゴージャスでクレイジーな魅惑の世界で人間の欲望と思惑がうずまくなか、映画界を変えたトーキー映画の革命の波が押し寄せ、彼らの夢をつかむ覚悟が試される。果たして3人の夢が迎える結末は―?

ジャスティン・ハーウィッツ作曲のオールドファッションとニューエイジが融合したような小気味よいジャズミュージックが、エモーショナルな展開にますます拍車をかける、夢と音楽の極上エンタテインメント到来を予感させる仕上がりです!

完成した本作を一足早く鑑賞した、本場ハリウッドの目の肥えたジャーナリストや観客たちからは、さっそくSNSを中心に
すごい映画でした!映画へのラブレターですね。デイミアン・チャゼルの最高傑作!」「大スクリーンでこんな度肝を抜くような映画にはそうそうお目にかかれないが、デイミアン・チャゼルの『バビロン』はそんな映画だった。大胆で、ユニークで、強烈で、最強に深い映画だ」「監督のデイミアン・チャゼルは彼の代名詞である音楽性と動きを作品全体に盛り込んだ。ジャスティン・ハーウィッツの音楽は音の洪水のようだった。」「息を呑むようなカットがたくさん、勢いのある映画で心が高鳴ります。」「贅沢かつ退廃的で、全部ひっくるめて楽しく、素晴らしかった。マーゴット・ロビーはこれまでで1番の最高の演技を見せている!
と熱い感想が飛び交い、本年度賞レースの目玉として大注目を浴びている!

映画を愛し、映画に愛されるデイミアン・チャゼル監督が、ハリウッドへの夢と情熱を余すことなく詰め込んだ渾身の1本。
2023年2月、ぜひ劇場でご堪能ください。

今まさに世界の中心にいるかのようなオーラを放ち、サングラスに蝶ネクタイでビシっと決めたブラッド・ピットや、鮮やかな赤のドレスをまとい豪快に髪を振り乱して踊るマーゴット・ロビーの鮮烈なショットもインパクト大!ド派手なパーティ会場で四方八方からあがる羨望の手の真ん中で、とびきり華やかな活躍を見せつけるハリウッド黎明期に生まれた彼らのようなスターたちの陰では、乱れた服のまま隅で座り込むディエゴ・カルバや、強烈な舞台衣装とは裏腹に鋭くも不穏な視線を送るジーン・スマートにリー・ジュン・リー、トランペットをひたすらにかき鳴らすジョヴァン・アデポの姿など、様々な人々の夢と野心が響きあい、交錯する―。奔放で大胆、ゴージャスでクレイジーなハリウッドゴールデンエイジを象徴する仕上がりとなっている。

チャゼル監督は、15年ほど前に脚本家・監督を志してLAに飛び込んだ頃から本作の構想をずっとあたためてきたそうで、「少しばかり巨大すぎたので、ずっと先延ばしにしていたのです」と回顧している。ついにいま、その長年の夢を叶える一本に取りかかった決め手として、「その時やっていることにある意味で全力投球してしまう。なので、ある作品から離れたら、それまでの嗜好を変えてくれる、いわば口直しが必要で、ここまでで学んだことは、自分は本能的に180度違うことをやりたい性分なのです。『セッション』で怒りを感じたあとには、優雅な何かをしたくなり、『ラ・ラ・ランド』で華やかなものを撮ったあとには、内省的なものをやりたくなり、『ファースト・マン』の静けさの後には、ド派手で騒がしいものを撮りたくなりました。これが『バビロン』です」と語っており、満を持して取りかかった渾身の仕上がりに期待が膨らむばかりだ。

そして早くも、本作のムビチケオンラインが本日10/13(木)より先行発売開始に!
詳細はこちら

『ラ・ラ・ランド』のアカデミー賞受賞監督デイミアン・チャゼルが、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーほか、豪華キャストを迎え製作した最新作『バビロン(原題:BABYLON)』が、2023年日本公開されることが決定し、合わせてファースト・ルックが解禁となりました。

ハリウッドを舞台に、夢を叶えようとする男女の甘く切ない恋を、極上のミュージカル・エンターテイメントで描き第89回アカデミー賞6部門を受賞し、世界中で特大の大ヒットを記録した『ラ・ラ・ランド』。自身も最年少でアカデミー賞監督賞を受賞した、まさに最も映画に愛された若き天才デイミアン・チャゼルが、再びハリウッドを舞台に物語を描いた『バビロン』。今作では、『ラ・ラ・ランド』以来初めて自身で脚本も執筆するなど、作品への強い熱意が感じとれる。

舞台はゴールデンエイジ(黄金時代)と呼ばれた1920年代ハリウッド、サイレント映画からトーキー映画へと移り変わる時代に、映画業界で夢を叶えようとする男女を描く。主演は、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で第92回アカデミー賞助演男優賞を受賞し、先日の来日の記憶も新しいブラッド・ピット。その『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でブラピと共演し、『スキャンダル』で第92回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、DCのハーレイ・クイン役が有名なマーゴット・ロビーといった、賞レース常連の監督とメインキャストによる夢の組合せが実現した。ほか共演者には、トビー・マグワイア(『スパイダーマン』シリーズ)、サマラ・ウィービング(『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』)、オリヴィア・ワイルド(『ブックスマート 卒業前夜のパーティデビュー』)、キャサリン・ウォーターストン(『ファンタスティック・ビースト』シリーズ)、新鋭ディエゴ・カルバ(「ナルコス:メキシコ編」)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストのフリー、など多彩なキャストが集結。
また楽曲は、現在もCMで連日使用される『ラ・ラ・ランド』のあの名曲を作曲し、第89回アカデミー賞作曲賞・歌曲賞を受賞したジャスティン・ハーウィッツが担当。ジャズ・エイジと呼ばれたジャズ全盛期の音楽をいかに作曲するかも注目のポイントとなっている。

合わせて公開された予告編では、シャネルに代表されるような豪華な1920年代ファッションに、毎晩繰り広げられるド派手なパーティー、大スケールの映画撮影といった、ゴージャスでクレイジーなハリウッドゴールデンエイジが、躍動感あるジャズのリズムに乗せて描かれる。未だ全貌がベールに包まれた本作の続報に引き続きご注目ください!